パントマイム基礎 

pantomime1.jpg
今年度からはじまった「パントマイム基礎」の授業風景です。
モーションキャプチャーのアクターなどをしていらっしゃる 荒木シゲル先生 に授業を担当していただきました。
この授業では、作画やCGで必要な人の動きなどについて、自分の体を使って学んでいきます。

pantomime2.jpg

pantomime3.jpg
実際に体を動かしたり、グループに分かれて課題を行います。
全8回と短めの授業ですが、とても実りの多い授業になったようです。


以下、学生の授業感想の抜粋です。

アニメーション映像科ではなかなかない体を動かす授業でみんなと一緒に演技をし、仲良くなれるとても貴重な授業でした。

普段何気なくやっている動きでも、いざパントマイムでやろうとするとなかなか難しくて、意識していなかっただけで意外と複雑な動きをしていたんだなと思ったり、人間の目の錯覚を利用した動きであったり、言われてみないと気づかないようなことばかりでした。

体で何かを表現し、相手に何をしているのか理解してもらうことの難しさなども身をもって体験することができたので、非常に勉強になりました。

[ 2011/06/29 15:03 ] 授業の様子 | TB(0) | コメント(-)